パソコン・インターネット

2017年2月18日 (土)

連鎖

このところ、パソコン絡みで不祥事件が続いています。

とあるグラフィック系アプリケーションをバージョンアップしたら、スキャナのTWAINドライバを起動するたびに落ちるようになり、サポートへ連絡したら、OSが64ビット(私のはWindows7 64ビット)だと起きる事象云々。え゛?前のバージョンまでは起きない現象でしたが。
不便な上、さほどの機能アップもなかったので、前のバージョンに戻す破目にweep15k円返せangry

そうこうしているうちに、今度はHDDに障害が発生とOSのメッセージが出るようにbearing
診断ツールで見たら、SMARTでエラーが。暫くは使えても、そのうち壊れるという予告ですね。まあ、昔のようにいきなり壊れて痛い目に遭うことがなくなったのは有難いです。
さて、私のラップトップPCはHDDが特殊で、正規パーツも高価いかなぁと、通販サイトを探し、コンディション:新品の出品を25k円で購入。
届いたー、と思ったら、どう見ても使い込んだ中古で、壊れているとbearing
こっちは即刻お金返ってきたのでいいんですが。

もう、なのか、まだ、なのか、5年少し使ってるのですが、最近のアイソレーションキーになる前のモデルで、キータッチも良好、内蔵光学ディスクドライブもあり、風呂敷ならぬUSBメモリ残業に使い倒してはいましたけど、イカレるのはちょいと早いんじゃないかなぁ。
ん?
PCも、昔のンニー製品のように時限爆弾が仕掛けられてますかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月15日 (日)

なんちゃってセキュリティソフト「Security Central」

もう一昨年の夏になりますが、父親のPCがワームにやられました。ほぼ全ての実行ファイルが起動できない(ワームでやられた、とタスクトレイにアラートが出る)状態でしたが、幸いなことに、IEとOutlook Expressだけは起動出来たものですから、ずっとwebとe-mailだけで使っていたようです。

私がPCを買い替えて、外付けDVD/CDドライブが不要となったものですから、父に譲渡して、有効に使ってもらおうと思い、再び修復に挑戦してみました。

「ワームに感染しているので起動できません」というアラートを出しているのは、タスクトレイに常駐している"Security Central"というセキュリティソフトでした。てっきり、MSの純正モジュールだと思っていたのですが、よく見ると、メッセージは全て英語、タスクトレイのアイコンは、WindowsXP(Home Edition)のモジュール「セキュリティセンター」そっくり。

何かが変だと思い、ショートカットから実行ファイルを探し当てると、フォルダの中には"Security Central.exe"しか入っていませんでした。ヘルプファイルも、DLLも見当たりません。
これはどうも、MS純正モジュールの振りをした、なんちゃってセキュリティソフトに違いない、と断定し、強制的に削除しようとしたのですが、常駐中の実行ファイルなので、そのままでは削除出来ないのですね。

沈思黙考15分、スタートアップファイルとして起動常駐しているなら、レジストリのStartupセクションをいじってみようとしたのですが、XPのレジストリにはタッチしたことがありません。不測の事態が起こったらお手上げです。
それなら、スタートアップで読み込ませないよう、セーフモードでシステムを起動したらどうだろう?
という訳で、Windows95/98の頃はお馴染みだったセーフモードでシステムを起動したら、Security Central.exeを削除→通常再起動したら!全く正常になりました。

う~む、これは非道い悪戯です。くわばらくわばら。

Security Central.exeの作者にも腹が立ちますけど、父も、ネットサーフィンの間に、モジュールをインストールするかどうかシステムから問われて、何でもかんでも「はい(Y)」ボタンを押していたのでしょうね。困ったものですが、72歳のおじいちゃまがそれなりの用途に使っている訳で、認知症等にならぬよう、これからもパソコンをいじってほしいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月23日 (日)

ネット系のセキュリティに早道無し。

ブログネタ: 【賞品付き】セキュリティ、何に気をつけてる?参加数拍手

まず基本は、人恋しそうなリンクを辿って、怪しげなwebサイトにはアクセスしないってことですね。だいたいそんなサイトは、アクセスした途端に、抗ウィルスソフトが「トロイの木馬」系ウィルスやワームを検出して、アラートが出ます。

次に、抗ウィルスソフトのウィルス定義は常に最新にしておくこと。大抵は、バックグラウンドで自動的に更新してくれている筈ですが、日々PCを使う時間が短いと、更新されないことがあるので(これも大抵はアラートが出る筈)、時には手動で更新操作をします。

ヤバいサイトの判断が難しい、経験則未確立の方でしたら、定評のあるセキュリティソフト(ファイアウォール等のセット)を使うのも良いでしょう。
安全なのが既知であるサイトへ行っても、色々なアラートが出るのが煩わしいですけど、安全だけど不便、少し危険度が上がるけど不便じゃない、という二律背反をどう考えるかにもよりますね。

私はネットでの買い物が多いのですけど、本当は、代引払いにするのが一番安全ですが、宅配便で配達してもらえる時間帯はほぼ不在なので、どうしてもクレジットカード払いにせざるを得ません。
ネット上のショップやモールは、カード情報を登録して、次回の買い物の際にカード情報の入力を省くことが出来る処が多いですが、これは絶対に登録してはいけませんね。そのショップからカード情報が漏れたら最期、そのカードは盗まれたのと同じです。どんなに信頼が置けるお店でも、セキュリティに「絶対」は無いと考えるべきでしょう。

私は、万が一の事態に備えて、ネット上のショップ・モールで使うクレジットカードは1枚だけにしてますけど、これってどうなんでしょうね?リスク分散で複数枚を使い回した方がいいんでしょうか?どなたか教えてくださ~い!

そうそう、ネット上の各種サービスで初めて会員登録をするようなとき、「このIDとパスワードを保存しますか?」とブラウザからメッセージが出ますよね。これは絶対に「いいえ」のボタンを押しましょう。最近は、IDにメールアドレスを使うサイトが多いので、パスワード管理には一層気をつけたいものです。
複雑なパスワード(大文字・小文字混じり、数字・記号混じり等々)を設定出来るなら良いですが、そうじゃない(小文字のみ、8文字以内でないと駄目等々)場合は、折りに触れてパスワードを変えましょう。

常時安全セキュリティ24

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月25日 (日)

父のPC、ワームにやられる

父から携帯メールに意味不明なヘルプが入りました。
「インターネットやメールはokだが別のアイコンをクリックしても一瞬だけ出て元のアイコンの形に戻ってしまう! また声が出ない?大きくしようにも、ここをクリックしても一瞬で消えて、なす術がない!どうしたらよいか?」

これじゃ、何のことか判りませんよね。どれどれ、現物を拝見(父のPCはXPのネットブックです)。と、久しぶりに実家へ行きました。

なるほど、IEやOutlook Expressは普通に使えるのね。で、Wordのショートカットをクリックすると…ほほう、一瞬起動しかけて消えますな。ん?タスクトレイに英語のメッセージが。

"File WINWORD.EXE is infected W32/Blaster WORM."

あらま、Blasterに感染ですか。ふむふむ。Excelその他も同様のメッセージが出るね。じゃあ、定石に従って、まずはタスクマネージャーからBlaster(msblast.exe)を止めてと…あちゃ、タスクマネージャーも起動できません。それなら、ウィルスバ○ターを起動してと…えっ、ウィルスバ○ターも起動できないの?

えっと、冷たいものでも飲んで、アタマ冷やしてと。「声が出ない」ってのも、サウンドコントロールのドライバが起動できないからなのね。これはコントロールパネルからOS標準のサウンドコントロールをいじってと…はい、音は出るようになりましたよ。

念のため、「msblast.exe」を検索してみましたが、見つかりませんでした。そもそも、メッセージを出している怪しげなセキュリティソフトが気になります。削除してみようか。あれ?アプリケーション一覧に出てこない。

「なんだ、駄目か」
「『鬼平』流に云うとね、奉公人1万人の大店で"引込み"の悪い奴がいて、盗賊が夜な夜な跋扈しているようなものだから、手に負えないよ」
「パソコン買い替えなきゃ駄目か」
「普通は買い替えないけど…リカバリーディスクある?」
「そんなもの、知らない」
「デンキ屋のオニーサンに相談してみたら?WordとExcelはインストールし直したら使えるかもよ」

いやー、参りました。これでは「なす術がない」わけです。まあ、webとメールは使えるんだから、とりあえずの生活に支障は無いのですが、そもそもの間違いは、1台目のPCに安価いネットブックなど選んでしまったことでしょう。ちゃんとしたオールインワンのマシンを買っとけば、もう少し仕様もあったのですが。70歳の御老体とPCとの付き合い方も難しいですね。

これも他山の石、私のPC(先日サポートが切れたWindows2000のマシン)の管理も気をつけたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年4月12日 (月)

断末魔、黒猫の呻きと物欲

10年近く使っている私物PC「黒弁当箱」IBM ThinkPad X21(OS:W2K)が、突然乱調となりました。

新規にアプリをインストールした訳でもないのに、Cドライヴの空き容量がいつの間にか50MB程度となってしまった上、不良クラスターがあるらしく、HDDへのアクセスも異常(アクセスしっ放しのままフリーズ)でした。

まず、不良クラスターは、CHKDSK(チェックディスク)を3回実行して始末しました。

次は、Cドライヴのリサイズです。"PartitionMagic 6.0"(パーティション操作ソフト)をFDから実行してDドライヴを縮小し、空き領域を作ったのですが、1024シリンダ(8GB)制限により、Cドライヴを直接リサイズすることは出来ませんでした。

仕方が無いので、ここはW95時代から培った「古典芸能」の出番です。

PartitionMagicを使って、
(1)Cドライヴを削除
(2)空き領域を目一杯使って、基本パーティションを作成
そして、"Symantec LiveState-Recovery"(HDD丸ごとバックアップソフト。現在の"Norton Ghost")を使って、
(3)Cドライヴの丸ごとバックアップを、(2)で作成したパーティションに書き戻す
という、少し手の込んだことをして、何とか、正常な状態を取り戻しました。

プロセス(1)(2)については、PartitionMagicなんぞ使わなくてもFDISKで出来そうなものですが、以前、FDISKで同様の操作をして、HDDをソフト的に潰した経験があるため、確実に作業出来るPartitionMagicを使ったわけです。

もう10年近く使っているので、だいぶガタがきています。これを購入した直後に、支店・営業所にも社内LANが整備されて、仕事用のPCが1人1台配布されたため、切迫した状況下や特殊作業でもやらない限り、職場に持ち込むことはなくなりましたが、購入時点で最も高性能なもの(但し、カテゴリーはB5乃至B5ファイルサイズ)を購入して、使い倒すという方針を堅持したおかげで、10年も使い続けることが出来たと思っています。

問題は今後です。

PCは外付け脳味噌ですから、持ち歩けなくては存在意義が半減します。かと云って、安価なネットブックでは、時々の風呂敷ならぬ「SDカード残業」には不足なので、B5ファイルサイズのノートブックというカテゴリーで選択することが前提になります。

Windows7関係も含めて色々検討したのですが、私を満足させてくれそうなのはやはり、ThinkPadとLet'sNoteくらいです。しかし、Let'sは直販サイトでのBTOの幅が狭い割に高価(\200Kコース)であることと、現在のTPをIBMの直販サイト(当時)で購入したため、Lenovoでも大幅割引が期待出来ることから、TPにしようかと思っています。

それでは、どの程度のスペックの物を選ぶか?最新のcore i7+64ビット版Win7+メモリ6乃至8GBに越したことはないのですが、これでは\250Kコースになってしまうこと、既に仕事で使う機会が滅多に無いこと、10年もブランクがあるためアプリを総買換えしなければならないことを考慮すると、\120KコースでTurion Neo Dual-Core+32ビット版Win7+メモリ4GBでも良いかな、と思っています。

まあ、当面は現在のTPを少しでも延命させて、出来ればUSB3.0搭載機の登場を待つ、という手もありますね。
あ~、悩ましい…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 4日 (金)

PC、破壊の崖っぷち

私のPCは、8年半前に購入したIBM(当時)ThinkPad Xシリーズで、OSはWindows2000を選択したお陰で、OSのサポートは来年まであります。
なので、サポートが終了するまでは何とかハードウェアも使い倒したいと思っているのですが、10月にパーティション操作に失敗してHDDを交換したりで(マスターブートレコードを壊して、復旧できなくなったりで、とうとうFDISKでHDにアクセス出来なくなったのです)、だいぶキテいます。

先刻帰宅して蓋を開いたら、「ミシリ」という音が!液晶パネルのヒンジ部分が壊れそうになっていました。
Dscn0393

わわっΣ( ̄ロ ̄lll)、これでは来年の夏までもたないです。物欲亢進中とは云え、これはいけません。Windows7のサービスパック1が出たあたりで(でないと信頼できません)、来年の夏の某茄子(出れば)で買い替えようと思っていたので、かなり周章狼狽しています。

HDDを交換してから、何となくグラフィックスの表示がトロくなった気もしますし、真剣にお金の工面を考えなければならない状況のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月25日 (日)

70歳からのパソコン生活

先日、実家へ行ったら、何と!パソコンがありました。NECの所謂ネットブックでした。Windows XPマシンです。

実家には父と母しかいません。母は機械オンチでパソコンなど絶対に触れないので、父が買ったということになります。

母に言わせると、インターネット株取引用に買ったらしいのです(今は投資信託しかやっていないようですが)。齢70歳になろうかというジィジが初めてパソコンを買ったのですね。びっくり。

でも、よく考えてみれば、父がサラリーマン生活に終止符を打ったのは2年半程前で、それまでは職場で曲がりなりにもパソコンを触っていた筈なので、最低限のスキルはあるのです。

年配の方ですと、かな入力を使うケースが多いようですが、父はローマ字入力です。何故?と訊いたら「そっちの方が簡単だから」。携帯電話でも、あちこちの人とメールをやりとりしているので、69歳としては、かなりスキルが高いでしょう。

尤も、ハードウェアに関する知識はからっきしでして、そもそも1台目のパソコンとして、安いという理由でネットブックを購入したことからして、尋常ではありません。初心者の1台目はオール・イン・ワンが常道ですよね。父に言わせると、DELLの一番安いのを買えばよかったと、若干後悔しているようですが。

私「ソフトは元々入っていたの?」

父「いや、何も入っていなかったから、WordやExcelを店の人に入れてもらった」

やっぱり。CD/DVD-ROMドライヴはもちろん、FDドライヴも付いていなくて、どうしてんの?と訊くと「これ(USBメモリー)」。

いつもは偏屈な父ですが、こういうところは微笑ましいものがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月18日 (水)

トラックボール最高!

私、トラックボール派です。ずっと、ロジクールのを使ってます。

今から10年以上も前、B5ノートパソコンの世界は、IBM ThinkPadにPanasonic Let'sNoteが挑みかかるという構図でした。当時の勤務先は、一人一台PCなどという話は夢物語でしたから、ハードに仕事をこなそうと思ったら、ポータブルPCを自腹で買って、使い倒すしかなかったのです。

ThinkPadかLet'sNoteか。ほどなく答えは出ました。Let'sNoteがロジクールの赤外線トラックボールを装備したのです。即刻買いました。

以来、赤外線トラックボール以外は使えない身体(?)になってしまいました。

その後、職場でも一人一台PCが実現しましたが、マウスだけは自腹トラックボールで通しています。

ま、机の上が乱雑なので、マウスを動かすスペースが無いという事情もあるのですが(^^;。

ノートPCも薄型が主流になって、トラックボールが装備されることはないと思いますが、Let'sNoteは、仕事が一番苦しかった時期に苦楽を共にした、思い出のマシンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)