グルメ・クッキング

2013年2月 1日 (金)

狂四郎のケーキDay

メタボからの脱出を目指して、ダイエットに挑んではリバウンドする、ダイエット世界のデニス=ロドマン(リバウンド王!)とも呼ぶべき狂四郎にとって、スウィーツは禁じ手ではありますが、下戸の私が完全スウィーツ絶ちするのは精神衛生上も極めてよろしからぬこと(センセイはそんなこと言ってませんけど)。

というわけで、2週間に1回、隔週金曜日はケーキDayだ!
と勝手な理屈で、ドトールのケーキセットを食しているのでした…

以前のドトールのケーキは、ミルクレープくらいしか魅力的なものはなかったのですが(ミルクレープも大好きです!)、毎日14時~のケーキセットタイムが始まってからは、ケーキの種類も増えてきました。

目下のお気に入りは、「かぼちゃのタルト」と「ガトーショコラ」。

かぼちゃのタルトは、いつの間にか少し大き目になりボリューミー。

Sbsh0041_2
南瓜の自然な甘みがgoodです!

今日は初めてガトーショコラを食してみました。

Sbsh0042
あまり大きくないので、スルスルと食べられるかな、と思ったのですが、一口食べて大間違いに気付きました。すっごい濃厚なんスよ。ミルクレープやカボチャタルトのように、ガツガツというわけにはいきません。ゆっくりじっくり食べたら40分もかかってしまいました。(おかげで帰りの電車を1本逃しました。)
セットのドリンクはいつもブレンドSなのですが、ガトーショコラを食すのなら、ブレンドMの方がいいですね。でないと、ケーキの濃厚さに負けてしまいます。

ところで最近、特にシアトル系カフェは全面禁煙が多いので寂しい想いをしています。やっぱり、カフェインとニコチンはセットで摂取しなければ(チョー勝手な理屈)。その点、ドトールは分煙ですが、喫煙席が広いのでとても嬉しいニャンgood

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月19日 (日)

おかまプリンパフェ

先々週の水曜日の放課後、職場近くのミ○○○ップへ行き、プリンパフェを注文しました。ミ○○○ップはイートイン・コーナーがあるから好きです。放課後はだいたい、アップルマンゴーパフェとかプリンパフェを食べてしまいます(そして太る)。

ドアには、水曜日女性限定プリンパフェ\278→\200、の貼り紙があって、逆差別だよなーなどと意味の無い義憤を感じつつ。
すると、レジのおねーさんが「特別に\200です…」と囁いてくれました。ラッキーhappy02運ばれてきたパフェもテンコ盛りで、クラッシュしたプリンがはみ出し、カラメルがカップの外に垂れ落ちる程。ささやかな幸福感。

そして、先週の水曜日の放課後。何も期待していなかったし、先週\200にまけてもらったことも忘れていたのですが、やはりプリンパフェを注文すると、レジのおねーさんは何も言わず、当然のように、パフェの代金を\200で打ってくれてましたhappy02

私はゲイではないし、まあ、「プリンパフェの人」と認識されているのでしょう。
「幸せだからいいじゃないか、なの」(「シンデレラ・ハネムーン」より)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月25日 (土)

カリタ派?メリタ派?

一旦はコーヒー党から離党を宣言しましたが、このところ早朝覚醒気味で、朝のコーヒーをたしなむようになりました。

昨夜は「お約束」どおり、ハンド・ドリップで淹れたコーヒーを飲みつつ、シュークリームとプディング(ただしセブン・イレブンで購入…)をもしゃもしゃ食べました。使った豆は、炒り方が比較的浅いモカ。以前も書いたような覚えがありますけど、酸味の強い豆で、濃い目に淹れるのが好みです。

ところで、宗教の教派抗争のようなタイトルになってますが、ハンド・ドリップでコーヒーを淹れるとき、使うドリッパーはカリタですか?メリタですか?
私は両刀使いです。ごく大雑把に云うと、手っ取り早く淹れたいときはメリタ、心と時間に余裕があるときはカリタ、という具合です。

Img_0028

こちらは三つ穴のカリタ101。陶器製のものも持っていますが、陶器ですとドリッパーを温めておかないといけないので、専らABS製のものを使用。豆は粗めに挽きます。
カリタですと、ドリップのスピードを積極的にコントロールしなければならないのが結構難しくて、淹れるたびに味が違ったりして。
精神的に安定している時に淹れると、何となく美味く感じられるのは気のせいでしょうか。

Img_0029_2

対して、一つ穴のメリタ1×1。メリタの場合は、ドリップのスピードはドリッパー任せで、味は豆の量に依存するので、楽ですね。豆は細かめに挽きます。
以前はカリタしか使っていなかったのですが、最寄の豆入手元であるドトールで売っている器具が専らメリタなので、メリタも使うようになりました。
早朝覚醒してしまって、頭が惚けて面倒臭いときなんかは、こちらを使うのです。

私が見回した限りでは、プロはカリタを使ってますね。メリタと使い比べれば分かるのですが、カリタは安定した味をだすのに、慣熟が必要かと思われますので。
私もカリタでプロ気分になろうと練習(?)するのですが、なかなか上達しません。

これから、今日の2杯目を淹れます。1杯目はメリタだったので、2杯目はカリタにします。練習練習。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月22日 (水)

贅沢は敵だ!

ブログネタ: クリスマスに食べたいのはどれ?参加数拍手

いきなり、貧乏軍国のオヤヂになってしまいました。

鶏肉は結構好きです。今勤めている営業所の活動エリアに、地域トップのブロイラー養鶏家がありまして、直売所で売られている焼鳥やモモなどは大変美味しいので(社長が自ら美味そうな肉を吟味して直売所に回しているそうです)、買出し部隊を編成して共同購入します。

…ただし、私は面倒臭がり屋で、骨の付いた肉は食べるのが面倒なものですから(同様の理由で蟹を喰うのも好きではありません)、フライドチキン等は極力避けています。ましてやローストチキンなど…

呑めない人間にありがちな甘党なので、クリスマスや誕生日(今は全く目出度くないですが)には、不二家のフランチャイズ店で、カスタードプディングとシュークリームを買い、自らハンドドリップで淹れたコーヒーとともに食するのが、最大の贅沢ですね。

侘しかろうが何だろうが、自分の味覚に合わせてドリップしたコーヒーを片手に、ペコちゃんプリンと、生クリームinシュークリームを喰うのが最高の贅沢です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

鱒の家

先日、両親に誘われて富士五湖方面へドライヴに出かけまして、静岡県富士宮市にある「鱒の家」というところで昼食を摂りました。

Img_0024_2

ここはその名のとおり、ニジマス尽くしの料理が売りのお店で、近くには県立の養鱒場もあるそうです。

現在、ニジマスは富士宮市の「市の魚」になっているとの由ですが、制定されるに当たっては一悶着あったらしいのです。
富士山の裾野の清流を活かそうと、この地にニジマスが持ち込まれたのは大正時代なのだそうで、つまり外来魚なわけで、地域固有の生態系保全を重視する立場から異論が呈されたようです。
でも、それなりの年月を経て、地域の特産品・観光資源になっているのですから、ヤミ放流バスと一緒に論じられたのでは、ニジマスも可哀相ですよね。

Img_0021

ま、それはさておき、食しましたのは\4,200の定食で献立は左のとおりです。

胃のマヨネーズ和え、メフン(何物なのか訊きそびれたので後で調べたら腎臓の塩辛のことでした)といった内臓系先付、テリーヌ、土佐造り、洗い、押し寿司、カマ炊き、きのこクリーム煮包みフライ、アラ汁と、まさに鱒尽くし。まんぞく まんぞく。

Img_0022_2 Img_0023_2

私が東屋で昼寝している間に、すぐ近くの「猪之頭(いのかしら)公園」の釣堀で父が3尾のニジマスを釣り上げてました。これが、塩焼きで夕食のメインディッシュになったのは申すまでもありません(^^)。両親の家で食事を御馳走になったのも久しぶりのことでした。

Img_0025

ちなみに、この日は少し寒気が入って肌寒いくらいだったのですが、そのためもあってか、5月末にしては珍しく、すっぽりと雪の帽子をかぶった富士山がとても綺麗でした。

父のナビ付き「小さな高級車」に乗っていったこともあり、全路程を父に運転させたのですが、ATのS(スロープ)ポジションを積極的に使って加速・抑速する、古稀を過ぎた父のドライヴィングを見て安心しました。両親共に元気なのは、子としてはとても喜ばしく、有難いものだと、しみじみ感じます。

「鱒の家」webサイト:http://www.masu-no-ie.com/

6/6追記:隣接する静岡県水産試験場・富士養鱒場についての御紹介があります。
http://blog.goo.ne.jp/sztimes/e/917da595a3d3384cb2f879aaa8b61d6b

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月26日 (月)

コーヒー党から離党しました。

2ヶ月前まで、私はかなり濃厚なコーヒー党でした。特に、2年ほど前からは、近所にドトールコーヒーが開店し、幾種類もの豆を容易に入手出来るようになったこともあって、1日の消費量はマグカップで5~6杯だったでしょうか。

一日は、豆を挽くところから始まっていました。家中にコーヒーの香りが漂い、最初の1杯を味わいつつ、平日であれば、SIGGのボトルに詰めて職場へ持って行くコーヒーを淹れるのが楽しみでした。

ところが突然、コーヒーを飲む習慣が途絶してしまいました。きっかけはいま一つ明確ではないのですが、服用していた薬が変わったことが原因ではないかと考えています。

新しい薬は神経を少し興奮させるような作用があって、コーヒーを飲むと神経が昂ぶり過ぎて、不快感を催すようになってしまったのです。ついでに、タバコも同様で、1日1箱吸っていたのが、3日で1箱になりました。これは大変良いことですけど。

そんな訳で、今は緑茶党に鞍替えしていますが、もしかしたら緑茶党からも離党して、ハーブティー新党に合流するかも知れません。

ブログネタ: あなたはコーヒー派? 紅茶派?参加数拍手

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月 4日 (木)

トマト・バジルソースのシーフード・ペンネが好きです。

最近、自分で作るときは、ペンネを食べることが多くなりました。バチカン法王庁御用達メーカー「ジュゼッペコッコ」のものを売っているお店(成城石井あたりでも入手できますが)があって 、試しに買って食べてみたら、とても美味しかったので、やみつきになってしまいました。何しろ、コシが強くて、16分くらい茹でないと硬いと感じるくらいです。

Dscn0361

ペンネは表面に溝を切ってあるため、ソースがよく絡むのが良いとの由。

パスタソースは、成城石井でイタリアからの輸入品を買っていたのですが、私の味覚にはイマイチ合わず、今はカゴメのトマト系ソースを使っています。値段も安いです。

具材は、冷凍のシーフードミックス(エビ・イカ・アサリ)をよく使います。トマトソースとの相性も良いです。などと書いていると、かなり手抜きをしていることに気付きました(^^;。たまにはカルボナーラなんかも作ってみたいと妄想だけはしています。

ブログネタ: いちばん好きなパスタメニューは何?参加数

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月10日 (火)

狂四郎、「新興梨」を食べる。

昨夜の夕食も、パスタ(ペンネ)でした。ソースはアラビアータ、具材は冷凍のミックス・ベジタブルとむきえび。

もう立冬なんですね。時の経つのは速いものです。"Tempus Fugit"スーパーにも梨はほとんどありません。
ところが。昨日行きつけのスーパーへ行ったら、見るのも聞くのも初めての梨がありました。「新興梨」。

Dscn0368_2

左が新高梨、右が新興梨です。新興梨の方が少し色が薄いくらいで、外観はあまり変わりないです。

んで、食べよう食べよう…まず皮むきか。ん、皮が剥き易いです。切ってみると、他の品種に比べて芯が大き目ですかね。味は酸味がやや強いでしょうか、甘ったるいのが好みではない方にはオススメです。また、果汁も多目のような気がします。
関係サイトを探してみたら、新潟産なんですね。梨シーズンの掉尾を飾る品種のようです。→直販サイト

では、行く秋を想いつつ…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

久々に家でパスタを食べました。

先日、某所 で本場イタリアのパスタとパスタソースを購入したことを、すっかり忘れていました。

開梱開梱と…

Dscn0361

パスタは、スパゲティではなくてペンネです。バチカン法王庁御用達の「ジュセッペ・コッコ」製です。

Dscn0362

パスタソースは「サクラ」のトマト&マスカルポーネチーズを使用。

Dscn0363

ペンネを茹でています。デカい鍋で、沸騰状態をキープしなければなりません。

Dscn0364

合間を縫ってパスタソースを温めておきます。もちろん、具材を加える場合はあらかじめ火を通してから、パスタソースに投入します。

Dscn0365

茹で上がったペンネをパスタソースで和えます。

Dscn0366

というわけで、出来上がり。面倒臭くて具材は何も入れていませんが、ソースがメチャクチャ美味いので、全然気になりませんね。

失敗したなぁ、というのは、自分ではちょうど良いアルデンテで茹でたつもりなのですが、本場物はコシが強いのか、食べるときは、ちょっと固めに感じました。

入手先へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月 4日 (水)

狂四郎、紅茶にハマる。

先日来、コーヒー断ちをしていることもあって、紅茶の消費量が激増しています。今までも全く飲んでいなかったわけではないのですが、買い置きのダージリン を、あっという間に1缶(100g)消費してしまい、成城石井でアールグレイ とヴィンテージダージリン とレディグレイ を買ってきたのですが、、アールグレイは既に使い切ってしまいました。

今までコーヒー一辺倒に近い生活だったので、紅茶のことは余り知らないのですが、レディグレイというのを初めて飲んでみました。紅茶というより、ハーブティーに近いような気がします。ヴィンテージダージリンなどですと、渋みが強過ぎる感もあって一種の茶道(?)のような感じですが、レディグレイの方は心安らかになるような気がします。

次はプリンス・オブ・ウェールズ を購入するつもりです。随分前に飲んだ覚えがありますけど、もう味覚と香りの記憶はないので、楽しみです。Good!だったら、200g缶を買おうかなって思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)