写真・カメラ

2010年4月 5日 (月)

カメラ狂時代ふたたび

先に予防線を張るのですが、私はヴィジュアル系の才能、全然ありません(^^;。学校でも、図画工作/美術はいつも、5段階相対評価で3が指定席でしたし。だから、自分でカメラを買ったのも20代後半、それもキャノンのコンパクトデジカメでして、目下、マニュアル・フォーカスのニコンのフィルム一眼レフを3台も保有している自分が信じられません。

Img_0009_2

初めて買ったのは10年近く前、ニコンFM2(New)です。もちろん中古でしたが、コンディションが良かったためか、\40Kくらいの値札が付いていたかと思います。

ニコンを選んだ理由は単純です。父親がFMを所有していたので、レンズその他の機材を借用出来ると踏んだからです。

ここで父について。父は典型的な高度成長時代人、ホンダ・ソニー・ニコンの信奉者でした(私にもそのDNAがそこそこ入ってます)。私が子供の頃、父の給料は安く家は貧乏で、私の小遣いも相場を大きく下回っていたと思います。なのに、中級機とは云えニコンのカメラを買い、その上、30年以上前に\100Kもの値段だったズームニッコール80-200mm,F4.5まで購入した父には恨み骨髄でしたね。父もヴィジュアル系の才能は余り無いと思うのですが、一体何を撮るつもりだったのでしょうか(笑)。

さて、FM2ですが、中古のレンズを2本ほど買い、勝負どころでは当初の目論見どおり父の機材を借用して、景勝地やらスタジアムやら居酒屋やらでシャッターを切りまくってました。しかし、激職に配置されたりしたこともあって、4年ほど前からFM2の出番は激減してしまいます…

Img_0010_2

そして、2年ほど前、FM及び関連機材一式が、父から私に下げ渡されたのです。

お下げ渡しになるなら、もっと早くくれればよかったのに!というわけで、ボディには有難味が無いのですが、スピードライトと、50mm,F1.4と伝家の宝刀80-200mm,F4.5は嬉しかった…と、伝家の宝刀をよく見ると、レンズにはアメーバのような黴が!ぎゃあああああああ!父曰く「これで良い具合にボケるんだ」。私の望遠レンズの用途は主にスポーツ写真なので、ボケては困ります。\100Kがジャンクですか…

何故お下げ渡しとなったのでしょうか。これも理由は単純。父も歳をとって、お金に余裕が出来、便利なグッズを入手して面倒臭がりになってしまったのです。
キャノンEOSでデジカメにハマり、フィルム一眼レフもミノルタのオート・フォーカスでOK、という訳でした。

ところが、もらったは良いのですが、それからも暫くは激職に配置されていたため、下げ渡された機材はすっかり記憶の隅に押しやられていました。

激職から解放された先日、家の掃除をしていたら、もらった機材が目につきました。大口径の標準ズーム、TTL自動調光&オート・フォーカス対応のスピードライトがあるざます。ちょうど世間は桜のシーズン、cherry cloudを撮りに行こうか、夜桜も風情があるね…っと、私も歳をとって面倒臭がりになりつつあるので、AEの一眼レフが欲しいな、なんて。それに、FMはもちろん、FM2もTTL調光には対応していません。
せっかくだから、TTL調光スピードライト対応のボディがあるといいなと(物の買い方が全く逆で、自分でも異常じゃないかと思います)。

Img_0011_2

んで、ものは試しとヤフオクをチェックすると、出物があるある。FE2が\10K!値段相応のコンディションと嫌われたか、入札者は私一人で、スタート価格で落としました。ついでに、下賜品のスピードライトはちょっと大柄だったので、一回り小さいものを\2Kで落としました。
現物が届いてみると、外装は塗装スレハゲが目につきましたが、戦場カメラマンみたいで、却って好感が持てました。

そんな訳で、ニコンの機材は、ボディ×3、レンズ×5、スピードライト×3 が揃いました。レンズ以外の機材には「揃った」という表現は適切ではないかも知れませんが。

Img_0012_3

ニッコールレンズはFE2に装着している50mm,F1.4のほか、中古で買った28mm,F3.5・135mm,F3.5・ズーム43-86mm,F3.5と、下賜品の大口径ズーム28-85mm,F3.5-4.5の計5本です。

ところで、機材が増えたのは良いのですが、中には取扱いに不明な部分がある物もあります。中古ばかりなので、取説なんぞ付いていませんが、いくらシンプルなマニュアルカメラとは云っても戸惑うことはありますし、高機能なスピードライトは弄繰り回してもよく判らない部分が結構あります。
しかし、そこは半世紀以上もFマウントを守っているニコンだけあって、旧い機種であっても取説を有料で購入出来ます(詳細はこちら)。
電話サポートで「どれくらい旧い機種のものまでありますか?」と尋ねたら、
「旧い製品のものは、原本をコピーして製本しているので、在庫の有無というのはありますが、何年以降のモデルなら可といったことは特にありません」
とのことでした。もしかしたら、Fマウントどころか、Sシリーズの取説が入手出来るかも知れません。

因みに、またもヤフオクで出物を見つけまして、あの黴ズーム80-200mm,F4.5の後継玉を\13Kで落としました。届いたら、ヤマハスタジアムへ繰り出すつもりです(ジュビロ、やっと勝った(T_T))。あっ、桜が散る前に、河川敷公園へ行かなくては…

| | コメント (0) | トラックバック (0)