« 2021年4月 | トップページ

2021年5月

2021年5月 8日 (土)

バカの巣

あー、息苦しいですね。文字どおり。コロコロコロナ。

それにしても、馬鹿はやはり馬鹿だということを露呈。「人流は減っている。効果は上がっている」。これだけで、この国の内閣総理大臣の馬鹿ぶりがわかるというものです。

人流を減らすことは、目的ではなく手段であるということも分からないのか。陽性者や死者が減って、初めて効果が上がったと言えるだろうに。少しばかり人流が減っても、陽性者や死者は、やはりと言うべきか増えまくっている訳で、全然効果は上がっていないと言わざるを得ません。変異株は、もう別のヴィルスと思わなければならないのでしょうね。

緊急事態宣言が延長・範囲拡大されても、経済「界」重視(経済重視、ではない)で対策を緩めるのでは、何のための宣言かということになります。中小事業者が圧倒的に多いであろう飲食店を標的にするあざとさ。感染防止の「キモ」と言われていますし、クラスターも飲食店由来が多いのでしょうが、飲食店だけか?という当然の疑念は湧きます。

そして、オリパラ。この状況でやろうってのかな?まあ、この状況でなくても、オリパラを誘致したこと自体がおかしいとは思っていますが、「アスリート」を一種の人質にして、強行を図ろうとするあざとさ・愚かさ。そんな中で、現役では新谷仁美選手の発言が的を射ているように思います。アスリートだけ五輪選手だけというのはおかしい、どの命も平等に扱われるべきだ。アスリートである前に社会人だという自覚があるのでしょうね。もちろん、他の選手達が非常識だと非を鳴らすつもりではないのですが、世界へチャレンジする機会を奪われる悲哀ばかりに注目する論調が気に入りません。

神経がささくれ立つようなことが多い毎日ですが、とにかく、確信犯的馬鹿に踏みつけられるのは、まっぴらごめんということです。

| | コメント (0)

« 2021年4月 | トップページ