« 2018年9月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月25日 (月)

毎度のことですが…

沖縄県の県民投票。思ったより「どちらともいえない」が少なかった印象。「妥協」は大勢にあまり影響することなく、あれらの作戦は失敗した格好。

いつも思うのですが、物は言い様、印象操作まがいの言葉遣いが横行。
「…ですが、○○はありません。」と言うか、「○○はありませんが、…です。」と言うかで、与える印象はかなり変わるものです。前者は諦めを促す意図がありあり。
今回は、「○○」に「法的な拘束力」という単語が代入されるのですが、前者多用の代表が言わずと知れたアベ様のNHKと。

まあ、色んな方が言っているので、くだくだしくは述べ立てないけど、この件に関して言えば、ほぼ全てのマスメディアが「移設」という言い方でミスリード(まやかし)を積み重ねてはいますが、普天間基地の運用停止と、辺野古新基地の開設とが、確実にリンクすると言うか、trade-offになるという担保は取れていない。だから、まやかし。
人によっては、辺野古新基地は第二のもんじゅ、未完のプロジェクトになるとも。

そこがわからないと、政権や大半のマスメディアが垂れ流す言い分が与件ということになり、何故ワンイシューの県民投票になったかも理解できない筈で。

「黙殺する」のが得意な政治屋が昔からいる上、「声無き声」を誤用する政治屋も多い昨今、ぐりっと踏みにじられるのかなあと悲観しつつ、踏まれれば痛いのだ、と声が上がった事実は確実に残ったのですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2019年3月 »