« 羊と狼 | トップページ | これもまたくるべきもの »

2016年4月14日 (木)

文具人柱:ビクーニャ3+Sを使ってみた

転勤して、行きつけだった文具店から遠ざかってしまいました。んで、自宅から割と近い大型文具店へ久しぶりに寄ってみました。ボールペンのコーナーを見ると、三菱ジェットストリームとぺんてるビクーニャが大きなスペースを占めて、競り合っています。

ぺんてるについては以前、エナージェルを酷評した経緯もあって、あまり高く評価していなかったのですが、低粘度インクの油性ボールペンということで興味が湧いたので試し書きをしたところ、ビクーニャは何だか感じいいぞwinkと思いましたし、複合筆記具にこだわってきた私にとって魅力的な3色ボールペン+ペンシルもあったので、買ってしまいましたよ。550円也。

Img_024101試し書きした限りでは、字幅サイズ表示の割には細目の字だったので、いつもなら0.5mmにするところ、0.7mmにしてみました。
書き味は、ライバルであろうジェットストリームよりも、もう少し軽い感じです。多分、インクの粘度が更に低いのでしょう。高速筆記に良し。それから、Post-Itに書き込む際、ジェットストリームも含めて、他の油性ボールペンでは時に字が切れることがあるのですが、ビクーニャはそれも感じません。これも低粘度で紙への乗りがいいからでしょうか。

ビクーニャ0.7mmとジェットストリーム(プライム用芯)0.5mm、それから参考対照でゼブラのスラリ0.5mmを、ライフの5×3カード(J888)にて書き比べてみました。

Img_024001
ビクーニャだけ0.7mmなので単純に比べる訳にはいきませんが、少なくともスラリよりくっきりした見栄えです。ジェットストリームの黒インクもかなり良い(微細な)顔料を使っていると思われますが、ビクーニャの方が鮮やかに感じられるのは、もしかしたら染料の比率が高い混合インク(顔料+染料)だからかも知れません。いずれも、油性インクで低粘度を実現するための正攻法ではあります。
表現が難しいので写真は掲げませんが、筆記直後の擦過による汚損については互角かな、という感じです。まあ、ほぼ大丈夫ということです。ここは水性インクに対する油性インクのアドバンテージですからねhappy01

ゲルインクでは乾くのが遅いし滲みが嫌、でも普通の油性インクは高速筆記向きでない、と感じるなら、ビクーニャはジェットストリームを上回る選択肢ではないか。そう思わせる出来のアイテムです。私もしばらく使ってみます。

|

« 羊と狼 | トップページ | これもまたくるべきもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171364/63487414

この記事へのトラックバック一覧です: 文具人柱:ビクーニャ3+Sを使ってみた:

« 羊と狼 | トップページ | これもまたくるべきもの »