« 「今日」を語り継げ。 | トップページ | 呑めない男はつらいよ »

2010年12月18日 (土)

トホホな薔薇の花束

ブログネタ: “思い出のクリスマスプレゼント”を教えて!参加数拍手

今から十数年も前の数年間、熱烈かつ密かに愛する女性がいました。知性と洒落っ気が調和した、素敵な人でした。
そもそも、私が万年筆を手に取るようになったのは、そんな彼女へ、ちょいと格好いいラヴ・レターを書きたいという不純な動機からでした。

若干「遠距離」だったり、現在のように携帯電話が普及していなかったり、当時の私が激務部署に配属されていたりしたこともあり、連絡を取り合ってクリスマスにデートを企画するようなこともなかなか叶わなかったのですが、少しでも想いが伝わるようにと、毎年のクリスマス・イヴには、「花キューピッド」で1万円くらいの薔薇の花束を贈るのが恒例になっていました。

そして、その年も、12月に入って早々に花キューピッドの予約をしたのでした…

クリスマスから10日程経った明けて正月3日、1枚の年賀状が届きました。
「結婚して初めての新年を迎えました」。結婚披露宴での写真入り。余白に彼女の筆跡で「お元気ですか?」。

ひゃあああ~、事もあろうに新婚人妻の実家に、クリスマス・プレゼントを送ってしまった。年賀状も送ってしまった。
これは痛い。激痛。痛過ぎる。(>_<)
いつの間にか結婚していたというショックもさることながら、なんというこっぱずかしいことをしたのだろうという気分が強かったですね。

その後の数年間は、木枯らしに吹かれつつ花屋の前を通ると、その度にフクザツな感情に襲われたものです。
今は、薔薇の花束を贈りたくなるような人もなく、この「事件」も苦く懐かしい思い出に変わりましたが、今の私が当時に戻ったなら、どうしたでしょうか…

|

« 「今日」を語り継げ。 | トップページ | 呑めない男はつらいよ »

コメント

こんにちは。昨年のクリスマスの記事にコメントとなり恐縮です。遅ればせながらですが、明けましておめでとうございます。(Merry Chrisymas & A Happy New year)。本年もよろしくお願いします。
狂四郎さんの暖かい励ましのコメントのおかげで、今は体調良好です。今年本厄、来年後厄を上手く乗り切りたいです。
狂四郎さんの苦い経験(こっぱずかしく、かつ心に穴の空くような気持ち)、すごくよく理解できます。今となっては懐かしいということですから、とりあえずは良い思い出と変換されたようですね。その女性は、ひとときではあるかもしれませんが、狂四郎さんのある一時点を、花として飾ってくれたわけですから。それから狂四郎さんの自問『今の自分が当時にもどったら・・・』、すごく興味があります。こういう自問、私もよくやりますね。

投稿: 港湾人 | 2011年1月 8日 (土) 11:27

港湾人さん、いらっしゃいませ。御本復との由、何よりです。私も何とか本厄を乗り切り、今年が後厄です。
そうですね、まだ20代で未熟な私が、仕事で苦しい時期に、彼女の存在は支えと云えば大袈裟ですが、青春後期における一輪の花だったことは間違いないです。
彼女はきっと、もっと成熟した人間を求めていたのではないかと思うと、やるせない気持ちになったものですが、最近やっと、未熟ではない青春はあり得ないと達観できるようになりました。
歴史にif無しと云いますが、自分史をひっそり振り返る時は、ifs(複数形)を考えてしまいます。

投稿: 狂四郎 | 2011年1月10日 (月) 16:13

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トホホな薔薇の花束:

« 「今日」を語り継げ。 | トップページ | 呑めない男はつらいよ »